太陽光発電のメリット・デメリット

  • 一角だからできること
  • 太陽光発電
  • オール電化
  • エコキュート
  • IH クッキングヒーター
  • 施工例
  • よくある質問
  • 会社案内

知って得する!補助金制度

太陽光発電の普及促進を図るため、行政も動き出しています。2009年度から、住宅用太陽光発電補助金制度がスタートしました。国、都道府県、市町村のそれぞれの補助金制度を併用できる場合もあり、賢く使えば導入の負担を大幅に軽減することが可能です。補助金の要件や支援金額は各自治体によって異なりますので、詳しくは当社までお問い合わせください。

  • 株式会社一角 本社 〒299-1121千葉県君津市常代2-11-8 TEL:0439-55-7788 FAX:0439-55-0555
  • お問い合わせ

太陽光発電による環境貢献で、スマートなライフスタイルを実現しませんか?

オール電化のメリット
1 さまざまな面で光熱費を節約できます

太陽光発電なら発電の際に地球温暖化の原因とされる二酸化炭素を排出しません。また原子力発電のように放射性廃棄物を排出することもない、環境にやさしいシステムです。
太陽光は枯渇することのないエネルギー。地球に降り注ぐクリーンなエネルギーを有効に活用することで、豊かで快適な暮らしが実現できます。
さらに、どのくらい発電しているのか、どのくらい使用しているのかを常に確認していれば、 省エネ意識も高まっていきます。

2 火を使わないことで部屋の空気環境が良好に

太陽光は無料で使用することができるエネルギーです。昼間に発電した電気は、ご家庭の電力として使用できるため、その分の電気代はかかりません。太陽光発電のできない夜間は電力会社から供給される電力を使用することになりますが、時間帯別に電気代が安くなる電気料金メニューを利用すれば、電気代はさらにおトクです。また、使わずに余った電気は電力会社に売ることが可能。昼間は余剰電力を電力会社に売り、 逆に夜間は電力会社から安く電気を買う。これにより、光熱費は大幅に削減できます。

3 とっても安全だから保険料が安くなります

太陽さえ照っていれば発電することができるのも、太陽光発電のメリットのひとつ。たとえ電力会社からの電力供給がストップしてしまっても、太陽光発電システムさえ無事であれば電気を使用することができます。災害などの非常事態にも安心のシステムです。

オール電化のデメリット

・ 導入コストがかかる
・ 発電量が天候や設置場所に左右される
・ 耐震性に不安がある

大きなメリットがある一方で、太陽光発電にはデメリットとなる事柄もあります。多くのお客様が導入時のネックとして挙げられるのは、やはりそのコスト。自治体からの助成金なども踏まえた上で、よく検討されることをおすすめいたします。
もちろん、ご不明な点がありましたら、お気軽にご相談ください。

太陽光発電を選ぶポイント
1. 信頼できる業者を見つける

太陽光発電についてまだあまり詳しくない方も多く、それにつけ込んだ悪徳業者が存在していることも事実。太陽光発電システム導入の際は、まず信頼できる業者を見つけることが大切です。 業者の選択には、見積もり金額やアフターサポートの有無も重要な要素となりますが、施工実績の確認が不可欠。確かな実績のある、優良な業者と契約するようにしましょう。

2. 日照条件など、設置場所の環境を確認する

太陽光発電システムを設置しても、太陽電池モジュールに太陽光が当たらなければ発電量は期待できません。周辺環境や方角などを確認し、最も発電効率の高い場所へ設置できるよう配慮しましょう。また、近隣に高層マンションなどが建設されることで、将来的に日照条件が悪くなってしまうケースも考えられます。近所にビルやマンションの建設計画はないか、確認しておきましょう。

3. 各メーカーの特徴をつかむ

太陽光発電システムは、非常に多くのメーカーが製造・販売を行っており、各メーカーによってその特徴は異なります。メーカーごとの特徴をしっかりとつかんだ上で、価格、設置条件、太陽光発電システムの規模などから、お客様のご希望に合った製品を選ぶことが大切です。

是非私たちにご相談ください。
ホームぺージ制作、ホームページ作成はこちら